お役立ち情報|企業配信広告ポータルサイト

  • トップページ
  • 運営会社
企業配信広告ポータルサイト
お役立ち情報

幼稚園は3年保育だと4歳から6歳、2年保育だと5歳6歳の子供が通います。この心や体がぐんと発達する時期での幼稚園の教育はとても重要です。幼稚園は家庭ではできないさまざまなことを教えてくれます。教えて育てる、すなわち教育をしてくれます。どんなものかというとまずは、友達関係です。大勢の園児と同じ時間、同じ時を過ごすということは喜びや楽しさの共有をします。またトラブルになったときもあやまる大切さ、相手を気遣うことを学び経験します。また団体行動なのでわがままは言えません。

皆と一緒にしないといけないという協調性を育ててくれます。もうひとつは泥遊びやボール遊びなど外で身体を動かして思いっきり遊べることです。教育、勉強という言葉は机に座って算数国語をするイメージがありますが、この外遊びはその勉強の基礎になっています。泥団子を作るのも手先の力加減に注意しないといけません。

手先を使うことは脳の発達に良いと言われていますし、ボール遊びの集中力はその後の勉強力にも役立ちます。歌を歌ったり、絵を描いたりするのも左脳が発達します。こうした遊びの中でルールを覚えたり体力をつけていくことが幼稚園での教育の幹となるものです。