修理・交換・サービス業|ピアノ調律師になるための方法

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
■該当件数3件 | <前へ | 1 | 2 | 3 |
TOP > 修理・交換・サービス業 > かすみピアノサービス

ピアノ調律師になるための方法


現在の日本でピアノ調律師になるためには、専門学校か養成所を一定以上の成績で卒業することが一般的な方法です。
個人に直接習いに行ったり、少人数を集めて教えている場所もありますが、それだけの経験だと就職後に一般の楽器店や事務所で雇ってもらうのは難しいです。
やり方自体を覚えることはそれほど難しいことではありませんが、実際に思った通りにできるようになるためには、経験に基づいた豊富な理論はもちろん、多くのピアノメーカーや機種の調律経験やタッチの調整、修理もある程度は勉強しておかなければなりません。
そんな過程を経て実務でも経験を積んだ調律師さんなら安心してピアノを見てもらえますね。